結婚指輪の種類

結婚されるに当たって、さまざまなことをお二人で決めることになり結婚指輪もそのひとつですね。

結婚指輪は日本では地金にプラチナが使われている物が人気ですが、欧米ではゴールドがほとんどです。

日本でも最近はプラチナよりも強度が高い18kで、明るい輝きのイエローゴールド、銅の割合が多く肌なじみがよいピンクゴールド、パラジウムなどが入りお手頃なホワイトゴールドといったものを選択する方も増えてきました。

個性的な花嫁にはマットと光沢の組み合わせや、ゴールドとプラチナの組み合わせなども面白いでしょう。

婚約指輪と違って日常的につけるものなので、シンプルで丈夫な物が好まれます。

石のない地金のみのものや、石をつけるとしても立て爪タイプではなく作業に邪魔にならない埋め込みタイプのメレダイヤを使ったものなどが主流です。

石を入れる場合、ダイヤモンドがほとんどといってもいいくらいですが、これは地球上で一番硬い鉱石であることが永遠や強さを象徴し、またその透明さから純真さを表すと考えられているからです。

日常的に結婚指輪をつける男性も増えたこともあり、男性が好むデザインも増えてきています。

また、婚約指輪とセットでデザインされているものが注目され新たなカテゴリーを形成し人気を得ています。

これは結婚指輪と一緒に婚約指輪をつけても一体感があり、婚約指輪がよりゴージャスに映えるデザインになっています。

結婚の象徴として末永く大切につける指輪が見つかるといいですね。