結婚式での結婚指輪

最近は結婚をすると決まっても、披露宴を行わないカップルも増えてきたようですが、結婚式を行うカップルの割合はまだまだ多いようです。

教会での結婚式は愛の誓いの証として結婚指輪を男女で交換します。

神前式や、最近増えている人前結婚式でも、結婚指輪の交換をするのが一般的です。

型にとらわれない自由な結婚式をするご夫婦でも結婚指輪を交換する儀式は価値ある行為と認めているということでしょうね。

結婚指輪は単純に結婚していることを世間に知らしめる道具という見方もあります。

しかしそれだけでなく、結婚式で結婚指輪を交換することによって神様や列席してくれた方々に夫婦としての誓いを立てたという思いを強くしてくれます。

結婚した後、指にある結婚指輪がその結婚式の気持ちを思い出させてくれたり、神様や列席してくれた方々に見守られていると実感させてもくれます。

また、結婚生活が少しおろそかになった時、指輪を再確認して自分が結婚してそれを宣言しているとあらためて悟ることもあります。

結婚指輪は、夫婦の象徴というだけでなく、結婚そのものの象徴になっているようです。

多様化する日本の結婚式事情ですが、結婚指輪を交換するという儀式はすっかり根付いているようです。